日本最西端の島もある!先島諸島への旅行

先島諸島における島嶼間の移動方法

先島諸島とは、沖縄県の宮古島・石垣島・西表島・与那国島(日本最西端)にかけてのエリアの事を指し、漁業・農業・観光業などが主要産業となっています。島と島との往来は、航空便を使う場合は宮古~石垣・石垣~与那国等の便があり、石垣空港・宮古空港は羽田・関西といった国内主要空港からの直行便がある事から、石垣島・宮古島を起点として多くの観光客が旅を始めます。本土から訪れる場合は、ホテルと航空便がセットになったフリープランを活用すると料金がお得になるので、移動費用を抑えたい場合は有効活用しましょう。
なお、2つの空港から他の離島への移動はフェリーも多く運航されており、石垣島近海のフェリー(竹富島・小浜島・西表島等)は多くの観光客が利用する事から、あまり待たずに乗船する事が可能です。

各離島における移動方法や観光

先島諸島の各離島における移動方法として挙げられる公共交通は、路線バス・タクシーなどが存在しますが、多くのエリアを割安に訪れたい場合におすすめなのがレンタカーです。レンタカーはフリープランに付いているケースが多く、同時に予約しておくと良いでしょう。なお、面積があまり広くない離島では自転車や原付バイクのレンタルを行っている事もあるので、移動手段の一つとして候補に入れておきましょう。
そして、先島諸島の観光で有名なのが、ビーチリゾートでの海水浴・ご当地グルメを食べる・マリンスポーツ等があり、夜間に楽しみたいのが星空観察です。他の地域と違って人工的な光が少なく、大規模な工場が無いので自分の住んでいるエリアとは違った澄んだ星空を見る事が出来ます。